ちばぎんコンピューターサービス株式会社

ちばぎんコンピューターサービス株式会社

https://www.ccsnet.co.jp/

  • 写真:7枚
  • アクセス数:1424

お問い合わせはこちら

043-213-8874

「ホームページを見た」とお伝え頂くとスムーズです

乗務員時計

ちばぎんコンピューターサービス株式会社

162日前

「乗務員時計」というクラウド型リアルタイム労務管理支援システムの販売をしています。

その名のとおりドライバー(トラック・バス・タクシー運転手)の労働時間を管理して労働基準法の違反を未然に防ぐためのシステムです。

皆さんもご存じだと思いますが、2018年6月に働き方改革関連法が成立し、2019年4月から改正労働基準法が施行されました。運送業界については2024年4月から罰則付きの時間外労働の上限規制(改善基準告示)が導入されるので「長時間労働」が常態化している運送業界の長時間労働是正に効果を発揮するソフトウェアになります。

ドライバーの長時間労働とそれによる事故の増加については皆さんもニュース等でご存じだと思います。私もそのような認識を持っておりましたが、実際は想像以上の長時間労働が必要となる職種でした。

身近なところで例を挙げますと「路線バス」は早朝から深夜まで運行して朝晩の通勤・通学時は便数が多くなり昼間は少なくなります。もちろん早番・遅番等のシフト勤務で対応するんですが、どうしても仕事中に「待機」という時間が発生するため「勤務時間(拘束時間)」は長時間になってしまうのです。また「貨物輸送」についてもジャストインタイムの影響からか朝一番の納品と夕方の積込が増加した影響で「勤務時間(拘束時間)」は長時間になっています。

産業そして生活のインフラを支える運送業界のドライバーがこのまま長時間労働を続けて行くと、疲労による体調不良が原因となって交通事故や災害の発生も減少せず、ドライバーになろうとする人も不足してしまい日本の経済発展の妨げにもなってしまうと思います。

そこで「乗務員時計」を導入して頂く事で、「拘束・連続運転時間オーバー、休憩・休息時間、休日の取得等」について法令順守を図りドライバーが万全の体調で業務遂行が出来るようにサポート出来れば良いと思っています。

また「乗務員時計」の販売を通じて「ドライバー」の皆様が労働基準法を守るためには、「荷待ち時間」の減少・「連続運転時間」防止のための休憩取得など私達(荷主・乗客)の理解・協力も必要という事も良く分かりましたので微力ながら協力出来たらと思います。